【iPhone】無料の広告ブロックアプリ「1Blocker」の紹介と使い方

スクリーンショット 2015-09-24 21.18.28

激震が走っております…!!

先日発表されたAppleのiOS9で遂にSafariで広告ブロックが可能となりました。
しかしデフォルトで使用可能ではなく、ブロックアプリを別途入れる必要があります。

しかし巷で有名なブロックアプリはほとんど有料…!!
今回紹介するブロックアプリは高機能+無料!
手軽にブロックをキメこむ予定の方は、このアプリがオススメです。

無料で広告ブロック! 1Blocker

1Blocker – Block ads, tracking scripts, anythingカテゴリ: ユーティリティ

そもそも広告ブロックとは

インターネットサイトの多くに広告が付いているのを見たことがあると思います。

1blocker 無料 広告ブロック apple safari

これらを読み込まなくすることができるのが広告ブロック機能です。
消えたらさっぱりしますよ!WEB製作者はただただ涙ですが…(滝涙)

1Blockerの使い方

1Blockerをインストールしアプリを起動します。

1blocker 無料 広告ブロック apple safari1blocker 無料 広告ブロック apple safari

アプリを起動してしばらくするとBlockAllとなっていますので、真ん中のスイッチをタップして、Enabledになるようにします。

IMG_1780IMG_1781

その後、iPhoneの設定から Safari > コンテンツブロックへ進みます。

コンテンツブロックの中にある1BlockerをONにして完了です。

WEBサイトをSafariで見ると広告が消えているはずです。※例外はあります。

1blocker 無料 広告ブロック apple safari

ちなみに右下のCunstomizeをタップすると、カスタム画面が出てきます。

1Blockは広告の他にも様々なものをブロックすることが出来ます。(広告以外は課金で開放していく方式)