家計簿はじめました。

kyatti

はじめました。マネーフォワードで。

家計簿マネーフォワード-自動で簡単な無料アプリカテゴリ: ファイナンス, ユーティリティ

そもそもの経緯は貯金がたまらないところから。
なんでたまらないのか、考えていたら気付きました。

自分が何にお金をどれくらい使っているか、全く把握していないという事実に

よくよく考えてみれば異常なんですよね。毎月限られた給与でやりくりしなくちゃいけないのに、今プラスなのかマイナスなのかすらわかっていないという。

さすがにやばい

そんなわけで。家計簿、はじめました。

俺的にはかなり快挙です。今日はさらだ記念日

自分という人間を20年間も見ていると、この家計簿が続くか続かないかなんてはっきりわかるんですよ。

続かないことが

だからより簡単なやつがいいわけです。ならばアプリだろうと。

探すにあたって重視した点は以下の二点

  • 労力をなるたけかけない
  • スマホ・PCで家計簿を編集できること

一点目の労力をなるたけかけないは、家計簿を作るのが負担になるぐらいならつけないで、その時間でもっとゲームしたいわけです。
なのでよりラクに効率的に、それでいて家計簿としての体を保ってくれるアプリを探しました。(理想)

スマホ・PC両方で編集できることに関しては、スマホは使う度等にぱぱっと入力する感じで、まとまった時間がある時にPCで詳細に編集したいなーと思ったから。
スマホで金額だけぱぱっと入れておいて、後でPCからこれは納豆巻の値段で…とかやりたいから。

選ばれたのは…

マネーフォワード

そんなこんなで、ちまちまと検索した結果、家計簿アプリの「マネーフォワード」を選びました。

これが大正解で、使い始めてから1時間とたたずに、早速自分の全財産の額と今月は使いすぎてマイナスだということがわかりました。

全体的に使いすぎだけれども、特に趣味代かけすぎやね。

マネーフォワードの機能面に関しては、口座やカードと連携できる所が素晴らしく良い感じです。
レシートもカメラパシャするだけで、家計簿への入力がおわったり。俺みたいな家計簿絶対続かないマンに優しい設計になってます。

とりあえず、メインの口座の三菱東京UFJとVISAカードとEPOSカードまとめて登録しました。
これだけで、現時点の全財産の確認と、マネーフォワード上で引き落とし額が一覧で確認出来たりするので超ベンリに。

ついでにAmazonも登録できて、Amazonで購入したものとかは自動で、日用品だとかカテゴリ分けしてくれます。神か。

使い始めた感じすごいいい感じなので、引き続き使い続けてみようと思います。

いい感じに使い方が確立したらマネーフォワード単体の記事でご紹介します。