GoogleフォトでiPhoneの容量問題を解決しよう!

googlephoto

こんにちは!YOUKNOWです。
今回はiPhoneに保存されている画像をGoogleフォトに保存し直すことで、iPhoneの容量問題を解決する方法をおつたえできればと思います。

applegoogleplay

Googleフォトはスマートフォン等で撮影した画像を自動的にウェブ上にバックアップしてくれるサービスです。
もちろんアクセスもスマートフォンだけでなくPCからもアクセスすることができます。(容量無制限)

切実なiPhoneの容量問題

iPhoneに沢山写真を保存しているとどうしても、保存容量の問題が出てきます。
しかし、Googleフォトのアプリを入れて、削除する事で、写真に割いていた保存容量を違う場所に使えるようになります。

どうしてそうなるかと言うと、Googleフォトを入れ設定を行うことで、Googleフォトに写真が自動でアップロードされ(非公開)、バックアップが完了します。
その為、バックアップが完了した後に、iPhoneに保存されている写真のみ削除する事で、写真に割いていた保存容量を違う場所に使えるようになる。…ということです。

簡単にいえばiPhone内に画像を残しておくことなく、写真を保持出来るということです。
写真が保持されている場所は、Googleのウェブサーバー上ということになります。(iPhone内ではない)

Googleフォトに写真をバックアップするやり方

applegoogleplay

まずはこちらから、アプリをインストールして起動して下さい。

googleフォト

起動するとこうした画面が出てきますので、始めるをタップします。

googleフォトバックアップ

すると写真や動画のバックアップの確認の画面になりますので、バックアップと同期を選び続行をタップするとバックアップが開始されます。

バックアップには時間がかかりますので、左上にあるのメニューをタップしアシスタントを選択し、バックアップが完了した事を確認して下さい。

googleフォト
写真をバックアップ中の所にある残り○○が0になったらバックアップ完了です。
バックアップが完了されたら、今までカメラロールに保存されていた写真は全てGoogleフォトに保存されているので、

カメラロールで今まで保存した画像を削除して下さい。間違えてもGoogleフォトから写真を削除しないで下さい。Googleフォトから写真を削除すると、カメラロールの画像も一緒に削除されてしまいますので、復旧できなくなります。

以上の手順を踏むことでiPhoneに保存されている画像をGoogleフォトにバックアップ(複製し)、iPhoneから画像を削除するためiPhoneの容量に余裕が出来るはずです。

僕は以上の手順で3Gほど余裕が出来ました。iPhoneの容量でお困りの方は是非お試し下さい。