OS X El Capitanがリリース!

スクリーンショット 2015-10-01 14.11.35

新社会人になり半年が経過しました。え、こんなに早くという気持ち。

OS X El Capitanが10月1日の今日リリースされました。

El Capitanの名前の由来はyosemite国立公園内にある世界最大の1枚岩らしく、OSの名前も yosemiteからEl Capitanになる今回のアップデートは、マイナーアップデートであることを示している。ということが囁かれています。

アップデートの内容はこちらで確認することが出来ます。

El Capitanの進化点

Macは、これまで以上にみんなに愛されるコンピュータになりました。その最大の魅力の一つは、OS X。それは、MacがMacである理由です。OS Xを使えば、驚くようなことを簡単に、毎日のあらゆることを楽しくできます。OS X El Capitanは、OS X Yosemiteが持つ画期的な機能と美しいデザインをベースに開発され、その体験に磨きをかけ、パフォーマンスを向上させました。たくさんの小さな進化の積み重ねが、大きな違いを生み出します。OS X El Capitan。このOSが、Macの体験を新たな高みへ引き上げます。

マイナーアップデートということで今回のアップデートは画期的な進化点は少なく、どちらかと言えば痒いところに手が届くようになった感じのアップデートです。

気になったアップデート点

新しい日本語フォントが標準インストール

個人的に気になったアップデート点は、やはり新規日本語フォントです。
美しいデバイスフォントが増えることは、表現の幅が広がるので純粋に嬉しいです。

El Capitan Mac 新OS フォント指定

OS X El Capitanには、4つの新しい日本語フォントが加わります。クレー、筑紫A丸ゴシック、筑紫B丸ゴシック、游明朝体+36ポかなです。ヒラギノ角ゴシックは、より多くの太さから選べます。

WEBデザイナー的には、CSSのfont-familyの指定に加える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ぱっと見「やったぜ」と思ったヒラギノ角ゴの文字の太さについては、El Capitan以外では適応されなかったり等の理由であまり指定はされないかもしれません。

どちらかと言えば、プレゼン資料とかの制作で役立ちそう!!ビジネスマンにはうれしいかも!?

やはりfont指定に関しては、WindowsとMacで同じフォントの遊ゴシックがオススメです。

画面分割して見ることができるSplit View

El Capitan Mac 新OS 画面分割 split

以前のMacもアプリケーションを入れればSplit View的な使い方はできていたのですが、今回これがより手軽にできるようになりました。

この機能はかなり便利というか、もうほぼ必須な気がしてなりません。

ただこの機能、画面を分割するためにブラウザを半分にするので、想定のサイズより小さいサイズでウェブサイトが閲覧される可能性が高まりそうな予感。

min-widthの設定等を行って、横幅が小さくなりすぎた時に崩れたように見えないような工夫をしておくと良いかもしれません!

マウスカーソルを見失った時に見つけやすくなる カーソルを目立たせる機能

El Capitan Mac 新OS 心機能

これです!フォントの次に嬉しいアップデート!地味に困っていたんです…。
Macって解像度が高くて、かつ結構画面が反射するから、ついついどこにカーソルが行ったか見失う時が多く、それが見つけやすくなるということで、かなり嬉しい機能です。

Photoshopとかでカーソルよく見失う….。

その他のアップデート点

その他のアップデート点の一覧はこちらです。

  • 起動しているアプリを全て見ることができるようになった Mission Control
  • キーボード入力のライブ変換
  • Spotlightで天気・スポーツ・株価等様々な事を検索できるようになる
  • メール・メモ・写真のプリインストールアプリの機能強化

こちらも痒いところに手が届く系ですね。個人的に気にとまらなかったのは、今までのMacでもこれらの多くのことはアプリケーションで実現出来ていたからです。

追加でアプリを入れなくてもできるようになったのは良いことだと思います。

一言だけ茶々を入れると、ライブ変換だけは使わず、Google日本語入力の方をオススメしておきます。

まとめ

Mac一台買えばカスタマイズしなくても最高の状態になっている。というところがAppleの目標なのかな。と感じるアップデートでした。

しかし、今までアプリケーションでできてたことを公式がしてしまうと、それはそれでどうなんだろうと少しもやもやします。いや!もちろん消費者的には嬉しいのですが…!!

総まとめ!本日開始アップルミュージックについて。

applemusic

こんにちは!YOUKNOWです。
本日公開のアップルミュージックについて、使用感等のレポートを含めて、ご紹介できればと思います。

アップルミュージックとは

アップルミュージック

音楽の楽しみ方のすべてを一つに。
3千万を超える曲数、画期的なライブラジオステーション、そしてお気に入りのアーティストとのダイレクトライン。

と公式で謳っているサービスです。

詳しく説明すると、アップルミュージックはAppleが提供する、LINEMUSICやAWAと同じ音楽ストリーミングサービスの名称です。
月額利用額は、個人契約980円・ファミリー契約(最大6名まで)1480円となっています。

サービス開始から3ヶ月間は無料で利用することが出来ます。
※無料期間終了後は自動更新になっているため、設定でOFFにすることを推奨します。(やり方は後ろに記述してあります。)

アップルミュージックのはじめかた

アップルミュージックのはじめかた

アップルミュージックを利用するためには、まずiOSを8.4までアップデートすることが必要です。

iPhoneの設定を開き、一般>ソフトウェア・アップデート>アップデートを選択して下さい。

iOSを8.4にアップデートし終わると、アップルミュージックが使用可能になります。

アップルミュージックのはじめかた

アップルミュージックの起動は、今までと同じミュージックアプリで行います。

アップルミュージックのはじめかた

するとアップルミュージックのロゴと、3ヶ月無料トライアルを知らせる画面になりますので、3ヶ月無料トライアルメンバーシップを開始ボタンをタップして下さい。

プラン選択画面になりますので、自分にあったプランを選択します。
すると、無料トライアルなのに、購入のダイアログが出ます。ここでOKを押しても、この時点で請求はされませんのでOKで進みます。

OKを押すとアップルミュージックが使用可能になりますが、このままだと無料トライアル期間が終了すると同時に料金が請求されてしまうので、そうならないように設定を行います。

アップルミュージック 設定

OKボタンを押したタイミングで、AppleIDに紐付いているメールアドレス宛にAppleから上記の写真のようなメールが届いていると思いますので、それを開きます。
このメールの中にある、購読の管理リンクをタップします。

アップルミュージック 設定

購読の管理リンクをタップすると、上記の写真のようになりますので、ここの自動更新をOFFにします。

自動更新をオフにすると、3ヶ月の無料トライアルが終わっても自動的に契約が更新されないため、間違えて課金してしまう心配がなくなります。
無料トライアル期間以降もアップルミュージックのサービスを受けたい場合は、改めて契約するかこの自動更新をONにして下さい。

これでアップルミュージックを利用する準備が整いました。

アップルミュージックの機能

ForYou機能

appke music foryou

好きな音楽のジャンルや、好きなアーティストなどから好みを分析し自分が好きであろう曲を自動的にセレクトしてくれる機能です。
下のメニューからFor Youを選択すると好きな音楽のジャンルと好きなアーティスト名を聞かれます。

これを答えると、画像の一番右のように、自分が好きであろう、音楽のプレイリストやアーティストが表示されるようになります。

for you機能

また曲を再生中にハートマークをクリックすることで、どんどんForYou機能が賢くなっていき、よりよい音楽を教えてくれるようになります。

アップルミュージックの配信楽曲について

楽曲数は3000万曲ですが、自分の観測範囲では邦楽が少なく不満足、洋楽の品揃えには満足といった声がよく聞かれます。

というのも、アニソン等が多いソニー・ミュージックエンタテインメントと契約していないためにこのような感想が多いのかと思います。(LINEMUSICとAWAは契約している)
そのため、Claris等のアーティストの楽曲はありません。

またJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントもAWAとのみ契約を行っています。

個人的な感想は、アップルミュージックは邦楽の品揃えは少ないと思います。
配信楽曲数だけを見れば、アップルミュージック1強ですが、邦楽を聞きたいのであればAWAかLINEMUSICのほうが良いのではないかと思います。

配信楽曲の中には、誰が聞くのこれ…みたいなもので水増しされてるものもあるそうなので

配信楽曲については、携帯総合研究所さんがアーティスト別で細かく比較されているのでご紹介します。

アップルミュージックの音質について

ここはちょっと以外でした。アップルミュージックの音質は256kbpsまでとなっています。
AWA等は設定によって、320kbpsまで利用することが出来ます。

あまり音質を上げ過ぎると、携帯電話の通信制限にすぐひっかかってしまうので、音質と通信容量のバランスを考えた調度良いバランスなのかもしれません。

まとめ

やっぱりAppleが作るだけあって良いサービスです。デザイン・操作感等に不満はありませんでした。

この手の定額制ストリーミングサービスは、好きな楽曲が入っているかどうかな所が大きいと思います。
なので邦楽好きであるならAWAやLINEMUSICの方に今は軍配が上がるかなーと思っています。

天下のAppleだから!ということで邦楽の品揃えも増えていくという見方もありますが、日本の楽曲は色々権利が複雑そうなので、邦楽の楽曲数については、あまり他のサービスと差がない所ぐらいの楽曲数で落ち着くんじゃないかなと思っています。