デザインのお供!新人WEBデザイナーがお気に入りなフォント達

favoritefont

font

こんにちは!YOUKNOWです。

デザインをしていると、だんだんとお気に入りのフォントが出てきて、気づいたらそればっかり使ってるようなスタメンフォントの存在が自分の中で出来てきたので、そのフォント達をご紹介します。
今回ご紹介するフォントは、購入しないと使えないライセンスが必要なフォントと、基本的に自由に使っていい感じのフリーフォント(ライセンスは使用前に再度確認してください)、それからmacのパソコンにデフォルトで入っているフォントをご紹介します。

ライセンスフォント

ではライセンスフォントからご紹介します。4種類ご紹介します。どれも素敵なフォント達です。

はるひ学園

はるひ学園 フォント 紹介

「はるひ学園」は、素朴なかわいらしさとデザイン的な楽しさをもつオリジナル書体です。先端や内角を丸く処理した直線的なロゴ風のエレメントで構成されていますが、パラパラとした飾り気のないストロークと余白を活かした独特の骨格が、現代の空気感といったようなさまざまなイメージを想起させます。個々の文字のおもしろさ、軽快さを活かしてタイトルや見出しなどで魅力的な効果を発揮します。
MORISAWA FONT はるひ学園

其の国の素という美 ロゴ

不思議な魅力があるフォントで、素朴な感じを出したいときに使います。
伊勢丹の其の国の、素という美のロゴに使われているのを最近目にしました。
このすらっとした余白が大好きで、いつもついつい使ってしまいます。それ、ただはるひ学園使いたいだけでしょなんて言われないように精進します。

A1明朝

A1明朝 フォント 紹介

「A1明朝」は、モリサワ最初期から長く愛されているオールドスタイルの明朝体です。漢字のゆったりとしたカーブと、かなの優美な表情が生み出す独特の味わいが特徴です。デジタル書体化にあたって、画線の交差部分に写植特有の墨だまりを再現するなどし、やわらかな印象と自然な温かみを感じさせる新しい書体として生まれ変わりました。可読性にも優れているので、ニュアンスを活かした大きな見出しから本文まで幅広く活用することができます。
MORISAWA FONT A1明朝

めちゃかっけぇフォントだと個人的に感じているフォントです。スタイリッシュにかっこ良くしようと考えたら、まずこのフォントを当てはめます。
なによりこの墨溜まりがたまらないですよ!墨溜まり!!はぁはぁ

“さ”とか“す”とかのフォントにあるこの、かすれ部分って言うんですかね?この次の書き順に行く為に、筆をちょっと持ち上げて次の画数を書くときにできるあの流れるようなトコロ。やばいっすね。

脚よ咲け
斜体や長体をかけていますが、ASTIGUのサイトにも使われています。

明石

明石 フォント 紹介

「明石」は、明朝体に楷書体や宋朝体の筆勢を加味したオリジナリティ豊かな書体です。優しいタッチの流麗なエレメントと自然な構成で、華奢でエレガントな表情を生み出しています。わずかに右上がりの横画をもち、縦組でも横組でも読みやすく、すっきりと透明感のある印象に仕上がるので、詩歌集や小説など本文はもちろん、繊細なイメージを大切にしたい広告のキャッチフレーズや見出しなどの用途に最適です。
MORISAWA FONT 明石

エレガントさ?シズル感?

よろしいならば明石フォントだ

とまで絶対の信頼をおいてるフォント。他のフォントもそうですが、このフォントは特に文字だけで魅せることが出来ます。
アイキャッチ画像に設定してるASTIGUのサイトにも使われていますね。

astigu

AXIS

axis フォント 紹介
AXISフォントは有名な企業がたくさん採用しているフォントとして有名です。
例をあげても、AppleやGoogleさんや任天堂さんなど…誰もが知っているような企業さんが採用しています。

個人的に好きなデザインテイストにピッタリあってくれるので好きです!周りのデザイナーさんも好きなのか、なんとなく使用頻度が高い気がします。

フリーフォント

フリーフォントはサイトからダウンロードして無料で使うことができるフォントです。
これから紹介するM+フォントとNotoSunsフォントは、商用でも使えるフォントです。(フォントのライセンスについては、使用する場合必ず確認して下さい)
お金がない学生時代に非常に助けられました。僕が学生課題で作ったほとんどはこの2フォントとヒラギノ角ゴで構成されています。

M+

M+ フォント 紹介
M+フォント
フリーフォント界隈で最強では…?と個人的に思っているフォント

もうほんと何度も助けていただいたフォントで、頭が上がりません。
M+フォントの特徴は、商業利用も可能だったり、改変も可能で改変後の再配布まで可能という、太っ腹なライセンスで提供されています。
そのため、M+に改変を加えたクオリティの高いフォントが、いくつか出てましてそちらを使ってもデザイン可能です。
Rounded M+

また、M+フォントをダウンロードすると、何種類かのM+フォントが付属しており、今回サンプルで出したフォントはM+ 1cです。ウェイトもかなりの種類用意されており、本当に使いやすい。
ちなみに種類としては、これだけ揃っています。これらひとつひとつに、かなりの数のweightが存在します。

  • m+ 1c
  • m+ 1m
  • m+ 1mn
  • m+ 1p
  • m+ 2c
  • m+ 2m
  • m+ 2p

ちなみに僕が学生時代作ったデザインはほとんどM+フォントを利用しており、ポートフォリオサイトのデザイン部分はほぼM+フォントで賄っています。

NotoSuns

notosuns フォント 紹介
NotoSuns

NotoSunsフォントはGoogleとAdobeが共同開発したフォントです。ライセンスもM+と同じくらい自由で商用利用可能で、改変・再配布が可能です。
NotoSunsは、全世界の言語に対応しており、世界中の言葉を利用することが出来ます。
M+と同じように、種類が豊富なウェイトが用意されており、非常に扱いやすいフォントになっています。

NotoSunsの日本語部分は源ノ角ゴシックが使われています。

フリーフォントの中でも群を抜く綺麗さのフォントです。こちらのフォントにも大変お世話になりました。

Macにプリインストールされているフォント

ヒラギノ角ゴ

font_hiragino
macに標準搭載されているフォント。macのパソコンでウェブサイトを見ると大抵はヒラギノ角ゴで表示されていると思います。
ヒラギノ角ゴは大変美しく、デザインとしても利用出来ます。

ヒラギノ角ゴは相模鉄道にも採用されており、デザイン性も高いです。
ウェブデザインを作るとき、プレーンテキストの部分はmacにデフォルトで入っているため、ヒラギノ角ゴで制作しています。
そのほうが、見た目が良くなりデザインの受けが良いです。

筑紫B丸ゴシック

OSX EL capitan
筑紫B丸ゴシック フォント 紹介
このフォントはMacの時期OSであるOS X EL capitanにプリインストールされているフォントです。
少し先取りになってしまいますが、個人的に好きなフォントが手軽に使えるようになるということでご紹介します。

かっちり見せながらも、少しやわらかい感じを出したいときにきれいな丸ゴシックは重宝します。
筑紫B丸ゴシックを使うと、全体の印象が優しい感じになるため、よく使います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は僕のスタメンフォントをご紹介しました。
自分のお気に入りのフォントを見つけておくと、時間がなくてすぐにフォントを選ばなくてはならない時に、すぐフォントを選ぶことが出来てとても良いと思います。

絶対フォント感を身につける

フォントについては今月の月間MdN 絶対フォント感を身につけるが、フォントについて詳しく書かれていて面白かったです。