【Photoshop】一括で複数のレイヤーの設定を変えることができるPhotoshopプラグイン【Ditto】

Ditto

以前紹介したPhotoshopプラグインのDittoですが、使ってみた感じが凄く良い感じなので再度ご紹介します。

というよりこれのお陰で修正時にかなり助けられたのでお礼を兼ねて再度…

Ditto

Dittoとは

DittoはPhothoshopの無料プラグイン。

レイヤーにIDを指定し、IDに対して一括で設定を適用するプラグインです。

WEBデザインでコーディングを行っている人にはわかりやすいかもしれません。
CSSのイメージです。

利用できる環境はPhotoshop CC2015からです。

設定できるパラメータ

  • 塗り
  • 文字列
  • 表示・非表示
  • フォントサイズ
  • フォントの種類
  • フォントの色
  • 行の高さ

Dittoのインストール方法

Dittoのインストール方法をご紹介します。
僕がMacを使用しているため、Macのインストール方法になっています。

ただ、Windowsでもほとんど同じ手順でインストールできると思います。

まず、こちらのページの下のほうにあるDownloadボタンをクリックして、Dittoをダウンロードして下さい。

ダウンロードしたzipを解凍すると以下のファイルが出てきます。

  • ASSETSフォルダ
  • installer.jsx
  • README.md

その中のinstaller.jsxとASSETSフォルダを、アプリケーション > Photoshop CC 2015 > Presets > Scriptsの中に入れます。

そしてPhotoshopを起動します。

Photoshop Ditto インストール やり方

Photoshopのメニューからファイル > スクリプト > installerを選択します。

するとダイアログが何度か出ますので、全てOKで進めます。

ダイアログがでなくなったら、Photoshopを再起動します。

再起動し、Photoshopのメニューからウィンドウ > エクステンション > DittoのDittoが表示されていれば成功です。DittoをクリックしてDittoを起動して下さい。

Dittoの使い方

かなり個人的な使い方になってしまいますが、いくつか使用例をご紹介します。

#mainColor #accsentColor 等のIDを指定し、メインカラーやアクセントカラー等の変更が入った時に塗りの色等を一斉に変更できるようにしています。

設定できるパラーメータは数あれど、正直使いこなしているのは塗りのパラメータとフォントサイズと行の高さです。
pc_fontSizeやsp_fontSize等のIDを作成し、pc_fontSizeには14px sp_fontSizeには24pxを設定するなど案件ごとにカスタマイズしています。

表示非表示は、ボタンの要素等のon_offに使えるかなぁといった感じです。

まとめ

無料なので一度試してみると良いと思います。
副産物としてレイヤーをキレイにする癖も身につくかもしれません