合法的な正しいNHK解約。譲渡証明書どうぞ

jou

けいやくしました。

せっかくなので取立ての方にNHK 対策とかで検索すると色々出てくる事柄について質問をぶつけてみました。
ついでに、合法的な手段で解約する方法も一緒に伺ってみました。

NHKの代理取立て人に質問してみた!

【放送法第64条(受信契約及び受信料) 】
協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

まず肝になるのはこの放送法64条
これを読むと放送の受信を目的としない受信設備とある。多くの記事はここを拠り所に受信を目的とせず..という所で反論すれば良いと書いてある。なるほど。

じゃあ聞いてみよう。

Q. テレビは持っているが放送の受信を目的としていないので契約しないことは可能か?

A. テレビは受信を目的とする設備とみなされるためyoutubeの視聴・ゲーム用を目的としていること、及びアンテナ線がない場合でも、徴収の対象になる。..etc

とりあえず、テレビを持っていたら契約は義務ということらしい

Q. 契約って双方の合意があって初めて成立するものじゃないの?

A. テレビを所有している場合、義務となっているのでそれは適用されない。

うん。

Q. じゃあ受信機であるテレビがなければ契約しなくてもいいのね?

A. いえ、ワンセグ対応の携帯及びそれに準ずるものがあれば契約をしなければならない。

なるほど。ここまできたらもう何も言うまい

Q. それじゃ今ここでテレビを破棄するから契約しなくてもいい?

A. 契約に伺った現時点のお話をしているので、今支払ってもらわないといけない。

というわけだった。これで大体NHK 対策サイトに書いてあることは全て質問したことになる。

もういい!俺は合法的に解約する!!!

Q. 要は受信設備(テレビ)を持たず、ワンセグ対応の携帯を持たず、テレビが視聴できる環境を断てば契約しなくても大丈夫ってことですか?

A. はい。それならOKです。

でも、現時点で持ってる人は契約の義務があるので今日は契約してくださいね。

とのことだった。

なので解約するためには、まずテレビを手放す必要がある。
テレビを手放すには大きく分けて二種類方法がある。

  • テレビを廃棄する
  • テレビを譲渡する

テレビを廃棄するときにはリサイクル法があるので、解約の際にその証明書を同封すること。
テレビを譲渡する場合は、解約の際に譲渡証明書を同封すること。とのことでした。

これらの証明書類を提出する義務はないとネットに多く記載されているが、まあ…(察)。これらを提出する決意を固める。

廃棄には大体4000円程度かかる。リサイクル法の廃棄証明書を貰わなければいけないので、業者は利用できないので、市のサービス等を活用しないとならない。
テレビは粗大ゴミに出すことが出来ません。

譲渡については、あげる人の名前と住所という個人情報を提出する必要がある。..らしい。

それで、ネットの海を探しに探したんだけれどもテレビ用の譲渡証明書がない!

というわけで作りました。

譲渡証明書 書き方 テレビ NHK

お役立て下さい。