【公式ドラゲナイ】セカオワのDragon Nightに英語版が登場

dragonnight

特徴的なパフォーマンスで(旗とトランシーバー)で世間の話題をかっさらったSEKAI NO OWARIのDragon Nightですが…
新入生歓迎会の時等でもやりやすい一発芸ですよ…。トランシーバーを持って歌うだけの一発芸です。どうしてもやらなくてはならなくなってしまった時におすすめですよ。

僕も大変お世話になりました(トオイメ)

そんなDragon Nightですが、なんと!公式から英語版が現れたようです!

もともと日本語版の方も好きだったのですが、英語になるとなおかっこ良く聞こえるのは気のせいでしょうか。

そもそも個人的にこの曲は歌詞に深い意味があって、歌詞を噛み締めながら楽しむ曲ではないんじゃないかと思っていて、心地いいメロディーで楽しむ系の曲じゃないかと考えてたり…考えてなかったり..。
(もしかしたら歌詞には深い意味が込められてるのかもしれませんが…)
いろんな考察論とかを見たけど、自分的には楽しめれば良いので、深くは考えてません。

あえて議論に混ざろうとするなら、アーティストとしてメロディーやリズムが良い曲を作りたかった。んじゃないか説を唱えておきます。
これはデザインやってる時に思うんだけど、色々な縛りがあればあるほど良い物は作りにくい気がする。
こうしたい!ってのがあるなら、それ最優先で他の所のあしらいを変えたり。真相は作った本人しかわかりませんが..

なんにせよ色々考えられる音楽だと思います。(考えるとは言っていない)

だからこそ、もうそもそも英語がわからないので、英語版になってより余計なことを考えずによりシンプルに楽しめる曲になったんじゃないのかなと個人的には思うわけです。(なんだかよくわからなくなってきた)

HEY!!!!

これだけだと記事的に危ういので、考察的な事を入れようとした結果

というか、そもそも歌詞に意味があるかないか論争が色んな所で繰り広げられたり、特徴的なパフォーマンス等で口コミでいっきに拡散されたり..

なんか逆に計算してマーケティングしてる。Fukase策士説が個人的には有力じゃないかと思うんですよ。
それとも、もしかしたら良い物をつくろうとした結果、こうなって(トランシーバー)しまった感もあるんですが、結果的に一種の炎上になって知名度は上がったわけです。

その後のFukaseさんの対応なんですが、散々言われてるのにも関わらず

これです

苛立ってる感とか不快感が出てないツイートで非常に、個人的には好感高いツイートです。
ネタにしてる人にも配慮した対応なんですよ。この炎上状態で注目が集まってる時にこの対応力..!できる..!

ボーカルのFukaseさんと交際中のきゃりーぱみゅぱみゅのスキャンダル(?)時にも動じず対応して…

って…今書いてたところなんですが、インターネットで深瀬さんについて調べた所、
全く俺が言いたかったことを、そのまま書いてくれてた人がいました。そうだよこういうことが言いたかったんだよ(便乗)

それなら歌詞の意味があるのかないのか!?あるなら深く考察してやらあああああ

あっ…すげえ考察だ…

わりとDragon Nightを好きになったのって、こういう面白い解釈とかを見て、段々好きになっていったんだのを思い出した。
「ぜったいちがうやろww」っていう考察だったり、「あぁ…たしかにそうかも」とか、「くだらねえww(褒め言葉)」みたいないろんな考察が出る所がすごいやね。
自分みたいにこういうの見てから曲を聞いて、好きになっちゃった人も多いんじゃないのかなぁ。

そこまで含めてもしかしたらDragon Nightっていう作品なのかも

まあなんにせよ、こうして曲というカタチにしてきた SEKAI NO OWARI はすごいと思う。今日のお仕事中のお供はDragonNight English verで今日も頑張るよー!

今宵は7日に1度の1番テンションが上がる曜日だからね(金)

ほんまよくわからない記事になってしまった。消そう