タクシー界の黒船Uberを使ってみた。プロモーションコード有

uber 使い方 プロモーションコード

会社からiMacを頂きました。

27インチのなかなかおっきいサイズで、これを電車に持ち込んで帰るのはちょっとしんどい…。
かといって歩いて帰れる距離でもない..

これはタクシーで帰るしかないな!と思いたちタクシーを呼ぼうと電話番号を調べているときにふと

…タクシーを普通に呼ぶと会社まで来てもらうので+300円~400円くらいかかるんだっけ…
そういえばUberって呼び付け料かかんないんだっけかなー。あと深夜割増ないからタクシーよりお得だったような…。

って感じでUberを利用して帰ることにしました。

なんとプロモーションコードで更に2000円割引になるらしく、タクシーを普通に呼ぶより断然お得でした


プロモーションコードはこちら↓
szqm3ckdue

そんなこんなでUberを使ってみたところ、めちゃめちゃ良かったので使い方を含めてご紹介します。

Uberとは

uber 使い方 プロモーションコード

applegoogleplay

以前タクシー業界の黒船だ!なんてざわざわ騒がれた配車サービスです。

主に海外で大人気のサービスで、特徴としてアプリで好きな場所にハイヤーやタクシーを呼ぶことができる仕組みになっています。

特徴は呼び付け料・深夜割増無しです。

アプリ上で行き先を設定することで、おおよその見積もりが出てきます。この見積もりはタクシーの稼働状況により常に変動します。
(忙しい時は高くなります。高くなっている時はアプリ内でアラートが出る安心設計)

ただ、Uberが海外で大人気な理由はタクシー会社のみならず個人タクシーも簡単に参入できるため、圧倒的な安さと台数だからです。

日本の場合はその行為は「白タク」と呼ばれ規制されているため、タクシー会社とハイヤー業者と協力してサービスが行われています。

その為、プロモーションコードや深夜の送迎や指定の場所に呼び付ける等の利用で普通のタクシー利用よりお得に利用することが出来ます。

サービス範囲

Uber 使い方 プロモーションコード

ただし日本国内だとまだサービス範囲が限定されています。
2015年9月時点で東京の都心部と羽田空港等でサービスが行われています。
(画像の青い所がサービス地域)

サービス地域の拡大に期待ですね。

UBERの使い方

uber 使い方 プロモーションコード

そこまで複雑な手順はないので、簡単だと思います!

01.まずはアプリのダウンロード

UBERのアプリをダウンロードします。

ダウンロードはこちらから

applegoogleplay

02.会員登録

uber 使い方 プロモーションコード

初めて使うのでまずは会員登録から。
Uberは最初にクレジットカード等のお支払い情報を入力して会員登録します。

その為タクシーを降りる際にお金のやりとりが発生しません。
支払いは全てアプリで完結します。

プロモーションコードはここで入力することが出来ます。(あとからでも入力出来ます)

03.自分がいる所までハイヤーを呼ぶ

uber 使い方 プロモーションコード

タクシーに迎えに来てもらいたい所にピンを移動させます。

また上部の検索欄に住所や名称等を入力すると場所を検索してくれます。検索結果を選ぶことでピンがその場所に移動します。

ピンを迎えに来てもらいたい所に持って行くと、何分で迎えに来てくれるかが分かります。

ピンの移動が終わったら、ピンの上にある黒色の吹き出しをタップして選択して下さい。

すると目的地を入力する画面になるので、目的地を入力します。

04.見積もりを確認する

uber 使い方 プロモーションコード

ピンを選択すると、見積もり画面というボタンが出てくるので、(目的地を設定できていればすでにボタンは出てきているはずです)これを選択すると見積もりを見ることが出来ます。

プロモーションコードを入力している方は、この見積もりから2000円が自動で割引されます。
プロモーションコードを入力し忘れている方は、ここで入力し直すことが出来ます。

見積もりの確認が終わったら、右上の✕で見積もり画面を閉じて「◯◯◯を依頼する」を選択し、配車を完了させて下さい。

どの車で、どんな運転手さんが来るのかが分かります。
運転手さんには評価がついていて、非常に好感度高い運転手さんが迎えに来てくれるはずです。

05.ハイヤーの到着を待つ

uber 使い方 プロモーションコード

ハイヤーが到着すると電話をかけてくれます。
また、より細かい場所を指定したい場合は、運転手さんにメールや電話で連絡をとることが可能です。

あとはやってきたハイヤーに乗り込めば目的地までそのまま運んでくれます。
支払いの手間もかかりませんし、目的地を口頭で伝える手間もありません。

実際にUberを使ってみて

実際に使ってみると普通のタクシーとは全然違う所に気づきます。

まず運転手さんが超丁寧!気品ある感じでした。
車も高級感漂いすぎてて、これ乗っていいのか…?という場違い感

ドアは自動ではなく、運転手さんが開けてくれます。これ知ってる!よく映画とかで見るやつや..。

内装はやってきた車によってある程度差があるようです。
自分が乗った車はとにかく振動がなく、ふかふかの車でした….。

俺こんな車乗ったことないぞ…。停車時の振動は皆無。
結構車酔いする方なのですが、車酔いとは無縁な感じの車でした。

uber 使い方 プロモーションコード

車の中にはiPadが備え付けしており、これで送迎のナビゲーション等が行われると聞きました。

運転手さんが話しやすい方だったので、Uberのことについていくつか質問してみました。

Uberをご利用される方は、出社時や退社時のサラリーマンや出回りするサラリーマン、主婦の方に外国人の方と..かなり幅広く使われているそうです。

知名度があまりないのかと思ったのですが、思いの外知名度は高くよく使われているそうです。

まとめ

Uberは普通のタクシーと比べて、圧倒的に車や運転手さんなどサービスの品質が高いです。
ただ、平日の昼間等に利用すると普通のタクシーより2割ほど高い為、オトクに使うためには

・深夜割増等が存在しないので、他のタクシー会社が深夜割増の時間帯に利用する
・呼び付け料がかからないので、呼び付けが必要なときに利用する
・プロモーションコード等を利用する

などの工夫で更にお得に使えると思います。
今回はこれらの条件が合致したため、かなりお得に使えました。サービスも素晴らしかったです。

おすすめです!