OS X El Capitanがリリース!

スクリーンショット 2015-10-01 14.11.35

新社会人になり半年が経過しました。え、こんなに早くという気持ち。

OS X El Capitanが10月1日の今日リリースされました。

El Capitanの名前の由来はyosemite国立公園内にある世界最大の1枚岩らしく、OSの名前も yosemiteからEl Capitanになる今回のアップデートは、マイナーアップデートであることを示している。ということが囁かれています。

アップデートの内容はこちらで確認することが出来ます。

El Capitanの進化点

Macは、これまで以上にみんなに愛されるコンピュータになりました。その最大の魅力の一つは、OS X。それは、MacがMacである理由です。OS Xを使えば、驚くようなことを簡単に、毎日のあらゆることを楽しくできます。OS X El Capitanは、OS X Yosemiteが持つ画期的な機能と美しいデザインをベースに開発され、その体験に磨きをかけ、パフォーマンスを向上させました。たくさんの小さな進化の積み重ねが、大きな違いを生み出します。OS X El Capitan。このOSが、Macの体験を新たな高みへ引き上げます。

マイナーアップデートということで今回のアップデートは画期的な進化点は少なく、どちらかと言えば痒いところに手が届くようになった感じのアップデートです。

気になったアップデート点

新しい日本語フォントが標準インストール

個人的に気になったアップデート点は、やはり新規日本語フォントです。
美しいデバイスフォントが増えることは、表現の幅が広がるので純粋に嬉しいです。

El Capitan Mac 新OS フォント指定

OS X El Capitanには、4つの新しい日本語フォントが加わります。クレー、筑紫A丸ゴシック、筑紫B丸ゴシック、游明朝体+36ポかなです。ヒラギノ角ゴシックは、より多くの太さから選べます。

WEBデザイナー的には、CSSのfont-familyの指定に加える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ぱっと見「やったぜ」と思ったヒラギノ角ゴの文字の太さについては、El Capitan以外では適応されなかったり等の理由であまり指定はされないかもしれません。

どちらかと言えば、プレゼン資料とかの制作で役立ちそう!!ビジネスマンにはうれしいかも!?

やはりfont指定に関しては、WindowsとMacで同じフォントの遊ゴシックがオススメです。

画面分割して見ることができるSplit View

El Capitan Mac 新OS 画面分割 split

以前のMacもアプリケーションを入れればSplit View的な使い方はできていたのですが、今回これがより手軽にできるようになりました。

この機能はかなり便利というか、もうほぼ必須な気がしてなりません。

ただこの機能、画面を分割するためにブラウザを半分にするので、想定のサイズより小さいサイズでウェブサイトが閲覧される可能性が高まりそうな予感。

min-widthの設定等を行って、横幅が小さくなりすぎた時に崩れたように見えないような工夫をしておくと良いかもしれません!

マウスカーソルを見失った時に見つけやすくなる カーソルを目立たせる機能

El Capitan Mac 新OS 心機能

これです!フォントの次に嬉しいアップデート!地味に困っていたんです…。
Macって解像度が高くて、かつ結構画面が反射するから、ついついどこにカーソルが行ったか見失う時が多く、それが見つけやすくなるということで、かなり嬉しい機能です。

Photoshopとかでカーソルよく見失う….。

その他のアップデート点

その他のアップデート点の一覧はこちらです。

  • 起動しているアプリを全て見ることができるようになった Mission Control
  • キーボード入力のライブ変換
  • Spotlightで天気・スポーツ・株価等様々な事を検索できるようになる
  • メール・メモ・写真のプリインストールアプリの機能強化

こちらも痒いところに手が届く系ですね。個人的に気にとまらなかったのは、今までのMacでもこれらの多くのことはアプリケーションで実現出来ていたからです。

追加でアプリを入れなくてもできるようになったのは良いことだと思います。

一言だけ茶々を入れると、ライブ変換だけは使わず、Google日本語入力の方をオススメしておきます。

まとめ

Mac一台買えばカスタマイズしなくても最高の状態になっている。というところがAppleの目標なのかな。と感じるアップデートでした。

しかし、今までアプリケーションでできてたことを公式がしてしまうと、それはそれでどうなんだろうと少しもやもやします。いや!もちろん消費者的には嬉しいのですが…!!