WordPressのタグ自動挿入を削除するプラグイン

set

空いた時間を見つけては、ちょくちょくブログのカスタマイズを行っています。

カスタマイズを行っていると、CSSの記述は間違っていないはずなのに、なぜか崩れる…。って所が出てきました。

原因は、Wordpressは文章に改行があると自動的にPタグやBRタグを入れてくれるという機能があり、これがレイ アウトが崩れる原因になっていました。

これは、タグについて詳しくない方にとっては、とっても助かる機能なのですが、ゴリゴリカスタマイズしていきたい人にとっては若干邪魔な存在です..。

直し方はfunction.phpに以下のコードを記述するだけで治るようです。


とはいえ、記事数も増えてきたこのタイミングで、記事全体に変更が及ぶfunction.phpを編集して、整形機能をOFFにしてしまうと、過去に書いた記事全ての段落周りがおかしくなってしまいます。それをいちいち修正していくのも手間がかかりすぎるなぁと…。

なんとかこの問題を解決出来ないものか、探した結果、プラグインでいい感じに解決出来たので共有します。

自動整形機能をオフにしてくれる「PS Disable Auto Formatting」


レイアウトが崩れる原因にもなってしまう、Wordpressの自動整形をオフにしてくれるプラグイン「PS Disable Auto Formatting」です。

インストールして有効化すると、自動整形をOFFにしてくれます。
しかし、function.phpと同じように、すでに過去に整形機能を利用して書いていた記事は、一気に段落が崩れてしまいます。

その問題を、このプラグインの過去記事の一括整形機能で自動で修正します。

使い方はWordpressのダッシュボードから、設定 > 自動整形で設定画面へ入り、過去記事の一括整形の整形処理時限の項目を、「整形処理を適応したい記事の時刻より後」に設定し、一括整形処理を許可のチェックボックスをチェックし、一括整形処理のボタンを押すだけです。

この機能を使うことで、指定した期日より前の記事だけ整形機能を反映した形にしてくれます。

そのため過去に整形機能を使っていた記事だけ整形機能をONにした時と同じ見栄えに、これから新規に書く記事については整形機能がOFFになるといった感じです。

このプラグインのお陰で、過去記事に遡って修正しなくて済みました。ヨカタ

これからWordpressでブログ始める方は、最初にfunction.phpを設定しておくか、このプラグインを導入しておくことをおすすめします。