WEBデザイナーにとってのWindows10について

aikyatti

こんにちは!YOUKNOWです。

以前から頭を悩ませてきた、クライアントからのWindowsとMacで見え方が違う。Windowsのほうがきたないという問題。

その問題の多くは解像度の違いや色々言われているわけですが、個人的に一番大きいと思っている(というか多分そう)なのはフォントだと考えられています。

Macには標準でヒラギノ角ゴが入っていますが、WindowsはMSPゴシックだったり、メイリオだったりとMacとWindowsで違うんですよね。
文字のアンチエイリアスのかかり方もMacとWindowsでは違う

 Windows から見るMSPゴシック

Windows から見るMSPゴシック : WEBROCKETSマガジン様より引用

昔からインターネットを触っている人は馴染みぶかいこのアンチエイリアスのかかっていない文字

そうしたWindowsとMacの差異を少しでも解消しようと、我々WEBデザイナー・マークアップエンジニア一同は、CSS3のアンチエイリアスなどで影の見えない努力をし頑張ってきた。

その影の努力のやり方は以下のコードを追加し、アンチエイリアスをかけたい部分にクラスを追加すれば良い。これだけでWindowsでもアンチエイリアスのかかった文字が実現できる

しかし大きな問題点はMacとWindowsで同一のフォントがなかったところによる問題が大きい

アンチエイリアスをいくらかけようが、そもそも文字そのものの形自体が違っているのだ。

これでは決定的な問題解決にはなっていない


「MacとWindowsでは搭載されているフォントが違いまして….」
「そこをなんとかするのがお仕事なんじゃないんですかねぇ…?」
「いえ..ですから…」

となってしまう。(もちろん誇張表現)実際はちゃんと説明して納得していただいてます。

しかしこの度Windows10が発表されこの問題についにお別れを告げる日が近づいてきた感が…!

Windows10 / OS X Mavericks で同一フォント「遊ゴシック」が標準搭載に

Windows10 OS X Mavericks 遊ゴシック

実はMacには一足さきのOS OS X Mavericksにて既に遊ゴシックが標準搭載されていました!

そしてこの度Windows10になることにより、Windowsにも遂に遊ゴシックが搭載!!

遊ゴシック

そのため、ようやくWindowsとMacで同一フォントが標準搭載されたことに!!!

今後のWEBデザインの標準は「遊ゴシック」に?

いままでカンプ上でのテキスト部分には、クライアント様の環境によってヒラギノ角ゴかメイリオのどちらかを指定してきましたが、今後は遊ゴシックに統一しても良いかもしれません。

またiPhoneでもiOS6以上であれば遊ゴシックは利用可能!使うしかない…!!

遊ゴシックも踏まえて、CSSのフォント指定を見直しました。

ただしまだWindows10じゃない人もたくさんいるため、自分はCSSでのフォント指定は、

このような形にしてみました。

WEBは表示するデバイスが本当に様々なので、バッチリ合わせるというのは不可能なのですが、なるたけご希望に添えるように頑張って作業しています。

個人的には、表示するデバイスごとに最適な見え方を探る..というのが今後の課題になってきそうです。

youknow.jp 遊ゴシック

なお、このブログも表示するデバイスによって、見え方が違います。よろしければパソコンやお手持ちのタブレットなどでご覧になってみてください。